【脂肪燃焼サプリランキング】女性の燃活お手伝い

ヒハツの脂肪燃焼効果と副作用

ヒハツとは体を内側から温めてくれるコショウ科のスパイスで、代謝を上げてめぐりを良くする効果があるため、脂肪燃焼を効率よくおこなうのに万能な素材です。

主に体を温める生薬や漢方としても用いられ古来から健康維持のために使われています。

そんなサプリにも使われているヒハツの脂肪燃焼効果や、副作用などを解説していきます。

ヒハツの脂肪燃焼効果とダイエットの関係

ヒハツにはビタミンやミネラルなどの栄養素を多く含んでいますが、一番の特徴はコショウの辛み成分である「ピペリン」という特有成分です。

ダイエットサプリなどで良く使われている辛み成分は唐辛子やワサビ、しょうがなどといった素材が用いられますが、ヒハツが他の辛み成分と違うところはまろやかな辛さ」だというところです。

このまろやかな辛さがサプリなどに配合された時に、他の素材や成分、香辛料などと組み合わせが良く飲みやすいサプリとなります。

そしてサプリとして摂り入れることで、

  • 血行促進効果
  • 冷え性やむくみの予防、改善
  • 身体の代謝アップ

の効果が期待できます。

血行促進効果

ヒハツに含まれているピペリンは血管を拡張させる働きがあります。

血管が拡張することで血流が良くなり体のめぐりが改善されるため、余分な脂肪酸を筋肉まで運ぶことができますのエネルギーとして変換し燃焼することができます。

冷え性やむくみの予防、改善

ヒハツの辛み成分の効果で、身体を内側からポカポカにしてくれる作用がありますので女性特有の冷えやむくみなどの予防、改善に効果があります。

これはヒハツを摂取することで体の体温を調節している感覚神経が活性化され、自律神経の一種である交感神経が刺激され熱を発生させることでゆっくりと体温を上昇させるのでリンパや血液の流れがスムーズになります。

流れがスムーズになると体内の水分排泄が促進されるため冷え性やむくみの改善に繋がります。

身体の代謝アップ

ご存知の通り効率よく脂肪燃焼させるためには体の基礎代謝をアップさせることが大切です。

ヒハツを摂り入れて血流がよくなるともちろん代謝もアップします。

基礎代謝が根本的に上がれば発汗作用の働きも向上し、エネルギーを燃焼する作用が促進されますので脂肪燃焼しやすい体を作ることが出来ます。

ヒハツの効果を実感するには!?

ヒハツには冷え性を予防したり、改善したりする力がありますが、その効果を実感するにはサプリメントでヒハツを飲むことがおすすめです。
当サイトで人気のヒハツサプリメントは「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」です。ヒハツのほかに金時ショウガ、黒ショウガを含んでおりメラメラを効果が高いサプリメントとなっています。価格もお手頃ですし、口コミでの評判もよいサプリメントですのでぜひ試してみてください。体が冷えてるなんて感じなくなっちゃうかも!?

>>「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」の口コミをチェックしてみる

このようにヒハツにはダイエットにも欠かせない働きをしてくれる素材ですので、ヒハツが配合されているサプリを摂り入れると脂肪燃焼効果のアップも期待できますよ。

ヒハツの体温を上げる仕組み

ヒハツの効果は上記で説明した通りですが、これはヒハツの体温上昇効果で得られるものです。

脂肪燃焼サプリの中で体温を上昇させる素材と言えばトウガラシが有名ですが、ヒハツの体温上昇の仕組みはトウガラシとは少し違うんです。

体内に摂り入れることで両方ともTRPV1(トリップ・ブイワン)が活性化され脳に信号を送りアドレナリンを分泌させることで体温が上昇します。

TRPV1とは、感覚神経のひとつで「辛み」「熱」「痛み」を感じることによって刺激され、体の細胞が発火(興奮)することで体温上昇に繋がるとされています。

この働きはヒハツもトウガラシも同じですが、トウガラシはTRPV1を急激に活性化させるため、汗をかきやすくなります。

それに対してヒハツは、TRPV1を穏やかに活性化させることでゆっくりと体を温めるので汗をかきにくいんです。

一見汗をかきやすいトウガラシの方が脂肪燃焼に効果的に見えますが、急激に汗をかくことで体温の熱を奪う性質があるため、逆に体を冷やしてしまうことにもなります。

ヒハツはじわじわと体の内側からゆっくりと温まるので指先や足先の末端まで血液が行きわたり、トウガラシよりも燃焼効果や冷え性改善効果が高いと言われています。

ヒハツの副作用

ヒハツはそもそも天然素材の植物ですので、これまでに副作用の報告はされていません。

しかし、薬との併用や飲み合わせでの注意は必要です。

ヒハツ自体に栄養素が高いことから、他のサプリや薬と一緒に飲むことで効果を予想以上に促進させてしまう副作用がみられるようです。

口コミなどを見てみると「ヒハツと乳酸菌のサプリを一緒に服用したら腸が炎症を起こした」などの症状があらわれた方もいるようです。

これはヒハツに含まれている辛み成分のピペリンが刺激を与え乳酸菌の腸内環境改善の効果を高めてしまったことが原因と考えられます。

用量、用法守って飲む場合は問題ありませんが、サプリの過剰摂取や飲み合わせを意識せずに服用してしまうと副作用があらわれることがあります。