【脂肪燃焼サプリランキング】女性の燃活お手伝い

カプサイシンの脂肪燃焼効果と副作用

カプサイシンとは、主にトウガラシに含まれている「辛み成分」のことで、脂肪燃焼には欠かすことができない成分として、多くの脂肪燃焼サプリに配合されています。

トウガラシを食べると辛さを感じて汗が噴き出すという経験は、誰もが一度は味わったことがあると思いますし、摂取することで脂肪が燃焼されるという意味は良く分かりますよね。

そこで、そんなカプサイシンの脂肪燃焼効果の働きと副作用を解説したいと思います。

カプサイシンの脂肪燃焼効果とダイエットの関係

トウガラシを食べると体が熱くなって汗が噴き出るというのは、もうお分かりの通りこのカプサイシンの作用によるものです。

もちろん汗を出すことで体の毒素が排出されダイエット効果はありますが、カプサイシンの効果はそんなものではありません。

カプサイシンを摂取すると、人間の中枢神経を刺激して副腎皮質(ふくじんひしつ)という場所からアドレナリンを分泌します。

アドレナリンが分泌されると、体内に溜まっている脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きが活性化されるので、脂肪燃焼効果がアップするんです。

ここでポイントなのは、このアドレナリンの分泌というところで、ダイエットに大きく関係してきます。

アドレナリンという言葉を聞いたことがある人は「興奮した時に分泌されるホルモン」と捉えがちですが、実はアドレナリンは肝臓に蓄えられているブドウ糖や脂質を血液中に放出する働きがあり、エネルギーに変えて燃焼してくれる効果があるんです。

特にブドウ糖が血液中に流れ込むことで、全身にブドウ糖を含んだ血液が巡り、満腹中枢が刺激され空腹感を抑える作用があります。

空腹感を抑えることができたら、食べ過ぎや間食を防ぐことができるのでダイエットに繋がりますよね。

このことから、カプサイシンを摂取することで脂肪分解酵素「リパーゼ」の活性化空腹感の抑制といったダブルの働きが脂肪燃焼に導いてくれるんです。

カプサイシンの副作用

カプサイシンンには美容と健康にさまざまな効果を発揮しますが、その分副作用もあります。

上記でも書きましたが、カプサイシンはトウガラシの辛み成分の元であり、味覚によって辛みを感じます。

しかし人間の辛いという感覚は、正確には「味覚」ではなく「痛み」に相当すると言われており、カプサイシンはいわゆる刺激物に分類されますので、多量に摂取すると胃が荒れたり、腸内環境を乱す原因に繋がります。

厚生労働省によると、1回の食事におけるトウガラシの摂取量の目安は粉末状で大さじ1/4杯とされていて、それ以上の摂取は過剰摂取とみなされ、体に負担がかかる恐れがあるとされています。

脂肪燃焼サプリに配合されているカプサイシンの含有量も、1日の摂取量内でおさめられているものがほとんどですので、普通に飲む分には問題がありませんが、サプリの過剰摂取は避け、用量、用法を正しく守ることが大切です。