【脂肪燃焼サプリランキング】女性の燃活お手伝い

スープを飲んだら脂肪燃焼出来るって知ってた?燃焼スープの正体は?

料理のメニューで何気なく飲んでいるスープ。

実はスープを飲むことで脂肪燃焼が出来るって知っていましたか?

スープを飲むことで体が温まるし、発汗作用が上がって痩せやすくなると考える人もいると思います。

もちろん発汗作用の期待は出来るんですが、効果はそれだけじゃないんです。

そこでスープが脂肪燃焼に効果的な理由と燃焼スープを作るのに最適な食材を紹介しちゃいます。

6種類の野菜パワーで代謝がアップ

脂肪燃焼スープを作るのに最適な食材は、どこでも簡単に手に入る6種類の野菜です。

「キャベツ」「タマネギ」「トマト」「セロリ」「ピーマン」「にんじん」と一般家庭のお馴染みの野菜で脂肪燃焼スープは作れちゃうんですね。

脂肪を燃焼するためのスープと聞いて「辛いもの」と浮かんだ人もいると思いますが、別に辛いものを摂り入れなくても燃焼スープは作れるんですよ。

なぜこの6種類の野菜が脂肪燃焼に最適かと言いますと、肥満体型を作ってしまう原因の一つである体内の毒素に作用してくれるからなんです。

体に溜まっている毒素は通常、便として外に排出されますが、脂肪や糖質が体内に多い人はこの毒素が上手く外に排出されず、脂肪や糖質として吸収されて肥満や病気を引き起こしやすくなってしまいます。

そこで、この毒素を外に排出しやすくしてくれるのが6種類の野菜達なんです。

野菜には食物繊維が豊富に含まれているのは皆さんご存知だと思いますが、スープとして摂り入れることで、腸内を複合的に刺激し体内に浸透しやすくなるんです。

腸内が刺激されますと長く腸に留まっていた便を排出しやすくなるため、毒素を溜め込まない体を作ることが出来ます。

腸内環境を改善することが出来れば、全身を巡る血液もキレイになり細胞が活性化されるため、代謝をアップすることができ脂肪燃焼に繋がるという訳なんです。

特に6種類の中にある「タマネギ」には硫化アリルという血液の凝固を抑えて、動脈硬化や血栓の予防に効果的な成分が含まれているため、代謝アップには欠かせない食材だと言えます。

脂肪燃焼スープの基本レシピ

それでは、脂肪燃焼スープの基本となるレシピをご紹介します。

作り方は上記に紹介した6種類の野菜を食べやすい大きさに切って、柔らかくなるまで煮込めば完成です。

とても簡単で、短時間で作れるのでおすすめですよ。

脂肪燃焼スープ

☆材料(3日分)☆

  • キャベツ:半玉
  • タマネギ:大きめ3個
  • トマト:大きめ3個
  • セロリ:1本
  • ピーマン:1個
  • にんじん:1本
  • 水:2リットル
  • ★かつお節:10g
  • ★鶏がらスープの素:小さじ1
  • ★昆布:5g
  • ★塩:少々
  • ★生姜:1片

※★はコンソメキューブ1個でも代用できます。

お肉は使わずにすべて野菜だけなので、1皿分のカロリーは約80kcal程度です。

お腹いっぱい食べても約400~500kcalにしかなりませんのでダイエットには最適です。

この脂肪燃焼スープを飲むことで、柔らかく煮込まれた野菜達の栄養素が体内に浸透し、発汗作用を促してくれるので基礎代謝アップが期待できます。

脂肪燃焼スープはいつ飲むのが効果的?

基本的にはいつスープを飲んでも問題ありません。

しかし、より効果を実感したいのなら夕食時に飲むことをおすすめします。

夕方~夜というのは、一日をかけて体内に蓄積された老廃物が腸内に吸収されようとします。

なので、この時間帯に脂肪燃焼スープを飲んで腸内を刺激してあげることで、老廃物の吸収を防ぎ、外に排出することが出来るんです。

また、人間の体温というのは早朝が最も低く、夕方に最も高くなりますので、体温が上昇している時間帯に温かい脂肪燃焼スープを飲む事で、燃焼率がアップし発汗作用も促されますので、脂肪が燃えやすくなります。

脂肪燃焼スープでダイエットするときの注意点

脂肪燃焼スープの効果や基本レシピを紹介しましたが、脂肪燃焼スープでダイエットするときの注意点もお教えします。

  • お酒を飲まない(デトックス効果の邪魔になる)
  • アルコールを摂取した場合は1日空ける
  • 飲み物は「水」「お茶」「ブラックコーヒー」「100%ジュース」をメインにする
  • 炭酸飲料は控える
  • パンや小麦粉などの炭水化物を摂らない
  • 甘い物をやめる

です。

ダイエット中なら当たり前と思われるかもしれませんが、せっかく燃焼スープで脂肪が燃えやすい体を作ったのに、上記のことを守らないと効果が半減してしまいます。

また、脂肪燃焼スープを食べてダイエットをするときは、約1週間を目安におこなうのがベストです。

サプリなどを飲むときもそうですが、1日や2日試してみるぐらいじゃ体に変化はあらわれませんので、長い期間を視野にいれて取り組むことが大事です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

脂肪を燃焼させるからといって特別な食材を使う訳でもなく、身近な食材で簡単に作ることが出来ますよね。

しかもスープにすることで野菜のうまみもたっぷりと溶け込んでますので味も抜群でダイエットの苦にもならないのが嬉しいですね。

もちろん、もっと脂肪燃焼を実感したいという人は、トウガラシや香辛料なども加えてアレンジ料理としても楽しめますので、ぜひ一度脂肪燃焼スープを作ってみて下さいね。