【脂肪燃焼サプリランキング】女性の燃活お手伝い

脂肪燃焼のメカニズムとは?

ダイエットを確実に成功させるためには脂肪を燃焼させることがカギですよね。

おそらく誰でもこのことは知っていると思います。

しかし「脂肪燃焼」といっても実際、体がどういう仕組みで燃焼されているのかは意外と知られていないものです。

そこで、上手に脂肪を燃やすために「脂肪燃焼のメカニズム」を解説したいと思います。

まずは脂肪細胞を知ること

体に付いてしまう脂肪は実は脂肪細胞と呼ばれており、「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」の2つがあります。

まずこの2つの脂肪細胞を知ることがダイエットの一歩と言えるでしょう。

白色脂肪細胞

一般的に「体脂肪」といわれているものがこの白色脂肪細胞です。

体内に入った余分なカロリーを中性脂肪という形で蓄積させるんですが、下腹部、お尻、太もも、背中、腕の上部、内臓の回りに多く蓄積されていきます。

体の表面に付くのは「皮下脂肪」、内臓周辺に付くのは「内臓脂肪」と呼ばれます。

褐色脂肪細胞

この褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞とは逆で、体に蓄積された余分な脂肪を熱に変えて放出する働きがあります。

なので褐色脂肪細胞の働きが活発な人ほどエネルギーを消費しやすく、活発でない人ほどエネルギーの消費が少ないため太りやすくなるんです。

生まれたばかりの時は100gあった褐色脂肪細胞が成人になると40g程度に減少すると言われ、一度減少した褐色脂肪細胞は増やすことはできないんです。

しかし、働きを活性化させることは出来るのでサプリなどで補う事ことで脂肪を燃焼させることが出来るんです。

脂肪燃焼のメカニズム

脂肪細胞がどういうものか分かったところで、実際にどのような過程で燃焼されるのかを解説します。

  1. 運動などで体を動かすと体内の活動エネルギーが不足した状態になる
  2. 褐色脂肪細胞がエネルギーを補うために活性化し、脂肪を分解するための「リパーゼ」という酵素を分泌する
  3. リパーゼが血液に流れ込み、白色脂肪細胞に送られる
  4. リパーゼの効果で脂肪が分解されて、血液に放出される
  5. 放出された脂肪がミトコンドリアに吸収される
  6. ミトコンドリアが脂肪を燃焼してエネルギーに変換する

このような仕組みで脂肪は燃焼されていきます。

脂肪燃焼のメカニズムや流れが分かると「自分に足りないものは何なのか?」「脂肪燃焼に必要な成分や栄養素は何なのか?」が分かるようになるため、どのようなサプリを選べば効果的なのかが判断しやすくなりますよ。

まとめ

このことから、より効果的に脂肪燃焼させるためには、「褐色脂肪細胞を活性化させる」「ミトコンドリアを増やす」「エネルギー消費率を上げる」という3つが大切ということが分かりますね。

脂肪燃焼サプリにも、この3つのメカニズムを手助けするものも多く発売されており、このサイトでも豊富にご紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。